刑事事件に関わった場合の弁護人の手配

刑事事件に関わって警察に逮捕されてしまった場合、後々に続くであろう裁判をはじめとした法律上の手続きがまったくわからないために不安になることも多いものです。
取調中の被疑者、または起訴されてからの被告人となった人について、その正当な権利を守るための代弁者として活躍をする花瓶02のが、弁護人とよばれる人たちです。これには国費をもって選ばれる国選の場合と、私費をもって依頼する私選の場合の区別がありますが、国選は基本的に弁護士に依頼するだけの資力がない人などが対象ですので、一般的な場合は私選ということになります。
この私選弁護人の手配についてですが、刑事訴訟法のなかでは私選弁護人紹介制度が定められており、被告人または被疑者は、地域の弁護士会に申出をすれば、ふさわしい弁護士を紹介してもらえることになっています。これは本人が勾留されている場合、在宅である場合のどちらの場合であっても利用可能です。
また、各弁護士会には当番弁護士制度とよばれるものがありますので、本人や家族などから通報があれば、逮捕されている本人と面会して、無料で法律上のアドバイスをしてもらえます。この当番弁護士制度はさきの紹介制度ともリンクしていますので、面会をした当番弁護士が、そのまま私選弁護人となるケースが多いようです。