Author Archive

選任された国選弁護人の能力が低かったり相性が悪いと感じた場合

刑事事件の場合には弁護人に依頼をして争う場合が多くありますが、被疑者や被告人となってしまって逮捕や拘留をされてしまった場合には、早い段階で弁護人の選任を行う必要があります。犯罪が重大でない場合などは必ずしも弁護人は必要ではありませんが、刑事事件の場合には検察官とウェディング04の対応となるために、専門家である弁護人がつけば安心して任せることできます。弁護人には弁護料を払えないなどで依頼できない場合に選任される国選弁護人と自分で費用を出して選任する私選弁護人とがあります。私選弁護人の場合には関係者からの紹介などで、ある程度の能力も分かり、弁護人に関しての情報を知ることができますが、国選弁護人の場合には裁判所と国選弁護人の間で行われるために難しい面があります。能力があり相性が合えば問題はないのですが、そうでない場合には裁判にも影響がでてくる可能性もあり、その結果、被疑者や被告が望んだ結果にならないことにもなってしまいます。また、国選弁護人を解任する場合にも、裁判所で相当の理由と判断しない限り認められず、他の弁護人の選任もできないことになっています。ただし、私選弁護人を選任する場合に限って、必要な手続きを行えば認められることになっています。その場合には自分で費用を負担しなければならないのはもちろんですが、依頼する弁護人に関しても、よく知る必要があります。

勾留されている刑事事件以外にも相談に乗ってもらう必要がある場合

一般的には刑事事件を起こした方の場合では、警察によって取り調べが行われることになり、容疑者となった場合では、身柄が確保されることが一般的になります。その後は勾留期間というものが設定されるウェディング03ことになり、逮捕に至った場合では、弁護士を雇い入れる方も存在しています。刑事事件の場合では多くの方が弁護士制度を利用することになりますが、十分な資金を持ち合わせていない方は弁護士を雇うことが困難になってしまいます。そこで不公平さを無くすために、国選弁護人というものが用意されており、通常では無料で利用することのできる制度として認知されています。しかし、各刑事事件によっては複数の罪を重ねている方も存在しています。勾留前に関しては国選弁護人を利用することができない状態でもあるために、その他の事件に関しては加害者本人が弁護士を雇うことが必要なケースがあります。事件の性質によっては加害者となった方であっても、主張できる権利というものを持っており、いわゆる冤罪を防ぐという意味でも弁護士を利用することにメリットを得ることができます。法律の世界では常に正当に裁かれることが一般的になりますが、その背景には弁護士の存在が必要な場面が多く、実質上必要不可欠なものとされています。

弁護活動の出来不出来が結論に影響を及ぼす可能性がある場合

刑事裁判での判決は、裁判官の主観だけではなく、法律に基づいて決められます。たとえば、被害者が殺されてかわいそうだから被告を死刑にするとは簡単にいきません。殺された理由が過失致死、つまり、殺す気はなかったけど結果的に被害者が死んでしまったという場合は、死刑に出来ないからです。また、ある程度刑罰の範囲があるので、同じ罪状の裁判であっても、ある被告は懲役10年なのに、別の被告は懲役5年という判決になるという風に差が出る場合もあります。また、実刑と執行猶予に分かれる場合もあります。刑務所に入るか入らないかという差なので、非常に大きいです。否認事件であれば、有罪か無罪かに分かれるので、結果によって人生が変わっウェディング02てくると言えます。
なぜ同じ罪状で判決に差が出るのかというと、基本的には被告が反省しているか否かというのが大きいです。また、被害者にも問題があったということを証明出来れば、やはり罪は軽くなります。前者であれば、いかに被告に反省していると裁判官に思われるような答えを言わせるかというのが重要ですし、後者であれば、被害者の落ち度を見つけるのが重要です。なので、弁護士の優劣によって判決が変わってくることもあるのです。
なので、社会的な有名人が逮捕された場合は、優秀と言われる弁護士を雇うというのが普通です。

早期の弁護活動が結論を左右する可能性のある場合

痴漢は行っていないと言う証明が難しく、加害者側の証言よりも被害者側の証言が優先される傾向にあります。
確かに、被害者の心理的な救済と言う点ウェディング01もあります。では、虚偽の被害届を出されて痴漢の冤罪で逮捕、拘束されそうになった場合は、どうすればよいのかとも疑問が浮かぶはずです。
そんな場合は速やかに弁護士、または弁護士事務所に連絡を取り、私選弁護人に弁護を依頼するべきです。
身に覚えがないことで痴漢と言われるのは非常に心苦しくあり、パニックに陥りがちな状態になりますが、何をすればいいのか指針を確かめる意味でも弁護人の力は大きくかかわってきます。
例えば、連行された際には何をすればいいのか、何をしゃべって、何を言っては駄目なのか、一般的な常識ではあまり知られてないノウハウがあります。また、自傷の場合でも被害者側とのコンタクトが非常に重要な部分を占めることが多いため、客観的、かつ早期に動ける弁護人がいるかで事態は大きく変わる事があるのです。
例えば、冤罪も早期であれば説得や逆に訴訟を起こす事で被害届の取り下げをはかれる可能性がありますが、国選弁護人がついてからの接触では時間がたちすぎて相手側も引っ込みがつかない所まで進んでしまっている可能性があるのです。
出来るだけ早期の弁護士への相談が、カギを握ると言えます。

被疑者国選弁護人を選任することが可能な場合は?

刑事事件において、裁判ですでに起訴された被告人、または起訴されていない段階の被疑者のために、さまざまな弁護活動を行う人のことを弁護人とよんでいます。
この弁護人には、国選と私選という2つの種類があり、被疑者または被告人がみずから費用を出して選ばれる私選弁護人が法律上の原則的な立場となっていますが、貧困その他の理由のために弁護人を選任することができないときに限っては、裁判所が国の経費をもって弁護人を選任することとされており、こちらが国選にあたるという違いがみられます。
この国選弁護人についても、実は被疑者和室段階から付けられるものと、被告人になってからのものの2つの種類があり、前者は2006年からはじまった、比較的新しい制度です。
まず、被疑者段階については、死刑、無期懲役、3年を超える懲役または禁錮にあたる刑事事件について、被疑者から請求があった場合について認められることになっています。貧困という理由に該当するかどうかの目安としては、被疑者のもっている現金や預貯金などの資力が50万円に満たないかどうかが基準となります。
いっぽう、被告人段階のものについては、従来から制度化されていたものですが、被疑者本人の請求のほかに、法定刑が死刑などの重大犯罪の場合には、本人の請求にかかわらず、法律の規定により、裁判所が直接選任をする義務があるものとされています。貧困の目安については、被疑者段階の場合と同様です。

逮捕の段階によって請求できない場合はどうする?

事件を起こしてしまった加害者は、警察によって勾留されることがありますが、事件の性質など内容を取り調べることが行われることになります。勾留前に関しては被害者側は原則として一切の請求を行うことができない仕組みを持っています。通常では取り調べから48時間以内に検察庁へと身柄が拘束されることになりますが、その後の判断によって加害者の身柄の拘束を必窓要としないことを判断された場合では、そのまま釈放されることも一般的になります。しかし、被害者サイドから申立てがあった際に、その内容が認められ、勾留請求があった場合では、10日間の延長とされているものになります。国選弁護人に関しては逮捕後に選任することも一般的になり、この点に関しては十分な資金を持っていない対象者や懲役が3年を超える内容を持っている事件についてのみ認可されていることも通常です。その後は裁判に発展することになり、被害者側でも弁護士を雇う方も存在しています。刑事訴訟の場合では、裁判官によって刑事訴訟法によって裁かれることになりますが、被害者側が金銭的な損失を請求するような場面では、民事訴訟を起こして請求額を算定する必要があり、全ては逮捕後に行うことが一般的になります。

様々な理由で病院や自宅での取り調べが進んでいる場合

刑事事件では、被疑者の身柄を拘束して捜査を進める「身柄事件」と拘束せずに捜査する「在宅事件」があります。
被疑者が逃亡したり証拠隠滅を図る恐れがあると判断される場合に、被疑者を逮捕します。逮捕後、そのまま身柄を拘束する必要がないと判断されると釈放されますが、そのまま拘束する必要があると検察官が判断すると、裁判官に勾留請求をします。これが受理されて勾留状が発布されると、小物03勾留請求した日から10日間勾留されます。勾留期間が終わって検察官が起訴しない場合には、自動的に釈放されます。
軽微な犯罪であったり、病気などの理由で、最初から在宅事案になる場合や、身柄事件で逮捕されても、留置の必要なしで釈放、または勾留請求をせずに釈放されると、在宅で捜査が続けられます。任意取調べで書類送検され、起訴か不起訴かが決まりますが、書類送検までの期間や処分が決まるまでの期間の制限はありません。このため、起訴か不起訴か決定されるまで数ヶ月かかることが少なくありません。また、いつ頃呼び出しがあるかはっきりしません。起訴前には国選弁護人を付けられないため、弁護活動を希望するなら私選弁護人に依頼する必要があります。不安な場合には専門家に相談することをおすすめします。

対象事件でないと国選弁護人を請求できないのか?

刑事事件の場合に被告人は裁判の当事者として様々な権利が与えられています。その中の1つに憲法でも定められた弁護人を小物02依頼する権利があり、それは、被告人や被疑者の両方に当てはまります。民事事件の場合には本人訴訟も行なわれますが、刑事事件では、審議される内容上、弁護人が付くことが多く、重要な事件の場合など審理をする上においても開廷ができないことになっています。弁護人には私選弁護人と国選弁護人がありますが、弁護料を払えない場合や知っている弁護人がいない場合などは、憲法上の保障のもとに国選弁護人に依頼することができるようになっています。そして、国選弁護人は被告人の場合は選任をされますが、被疑者の場合には対象事件に該当する場合のみ行われます。これまでは、被疑者の場合、殺人や強盗などにおける、死刑または無期もしくは短期で1年に以上の懲役や禁固などの重大事件にのみ対象となっていました。2006年の国選弁護制度の改正により、現在はその範囲が広がり、窃盗や傷害、詐欺などによる長期3年を超える事件でも国選弁護人に依頼できるようになっています。例えば、暴行罪などの場合には、かつては依頼できなかったものが長期で3年になるような場合には適用されるということです。また、改正によって依頼条件にも変更があり、それは預貯金などが50万円以上ある場合には国選ではなく、私選弁護人の選任を弁護士会に依頼しなければならなくなったことです。

被疑者国選弁護人制度の導入と拡張・私選弁護人のメリットとは

かつては、刑事事件で逮捕されても、起訴されて被告人になった段階でなけらば国選弁護人をつけることが出来ませんでした。原則では、弁護人は自分で費用をかけて依頼するものとされていますが、貧困などの理由があれば国選弁護人の請求ができます。弁護士費用の負担が困難な被疑者・被告人が多いため、弁護人がつく事件では、国選弁護人の割合小物01が非常に多いというのが現状です。ところが、起訴されるまで弁護人がつかなければ、法的なサポートを受けることができません。
このため、2006年から、重大事件に限り被疑者段階から国選弁護人がつけられるようになりました。その後、2009年に対象事件が拡張されて、長期が3年を超える懲役もしくは窃盗や傷害、詐欺などの禁固にあたる事件でも対象になり、大半の事件で、被疑者が希望すれば勾留段階から国選弁護人を請求できるようになっています。
被疑者国選弁護人制度は、このように拡張されましたが、それでも私選弁護人を選任するメリットはあるのでしょうか。
対象事件の範囲は拡張されても、全ての事件が対象ではありません。長期が2年以下の暴行罪や長期が3年以下の住居侵入罪、長期が1年以下の痴漢行為などは、請求不可ですので、被疑者段階から弁護人をつけたければ私選弁護人を依頼する必要があります。また、在宅事件の場合は対象事件であっても被疑者国選弁護人の請求はできません。早期に弁護活動を始めた方がよい結果がでる事件の場合、別の件でも相談に乗ってもらう必要がある場合などは、私選弁護人を選任することが大きなメリットになります。