弁護活動の出来不出来が結論に影響を及ぼす可能性がある場合

刑事裁判での判決は、裁判官の主観だけではなく、法律に基づいて決められます。たとえば、被害者が殺されてかわいそうだから被告を死刑にするとは簡単にいきません。殺された理由が過失致死、つまり、殺す気はなかったけど結果的に被害者が死んでしまったという場合は、死刑に出来ないからです。また、ある程度刑罰の範囲があるので、同じ罪状の裁判であっても、ある被告は懲役10年なのに、別の被告は懲役5年という判決になるという風に差が出る場合もあります。また、実刑と執行猶予に分かれる場合もあります。刑務所に入るか入らないかという差なので、非常に大きいです。否認事件であれば、有罪か無罪かに分かれるので、結果によって人生が変わっウェディング02てくると言えます。
なぜ同じ罪状で判決に差が出るのかというと、基本的には被告が反省しているか否かというのが大きいです。また、被害者にも問題があったということを証明出来れば、やはり罪は軽くなります。前者であれば、いかに被告に反省していると裁判官に思われるような答えを言わせるかというのが重要ですし、後者であれば、被害者の落ち度を見つけるのが重要です。なので、弁護士の優劣によって判決が変わってくることもあるのです。
なので、社会的な有名人が逮捕された場合は、優秀と言われる弁護士を雇うというのが普通です。

コメントは受け付けていません。