選任された国選弁護人の能力が低かったり相性が悪いと感じた場合

刑事事件の場合には弁護人に依頼をして争う場合が多くありますが、被疑者や被告人となってしまって逮捕や拘留をされてしまった場合には、早い段階で弁護人の選任を行う必要があります。犯罪が重大でない場合などは必ずしも弁護人は必要ではありませんが、刑事事件の場合には検察官とウェディング04の対応となるために、専門家である弁護人がつけば安心して任せることできます。弁護人には弁護料を払えないなどで依頼できない場合に選任される国選弁護人と自分で費用を出して選任する私選弁護人とがあります。私選弁護人の場合には関係者からの紹介などで、ある程度の能力も分かり、弁護人に関しての情報を知ることができますが、国選弁護人の場合には裁判所と国選弁護人の間で行われるために難しい面があります。能力があり相性が合えば問題はないのですが、そうでない場合には裁判にも影響がでてくる可能性もあり、その結果、被疑者や被告が望んだ結果にならないことにもなってしまいます。また、国選弁護人を解任する場合にも、裁判所で相当の理由と判断しない限り認められず、他の弁護人の選任もできないことになっています。ただし、私選弁護人を選任する場合に限って、必要な手続きを行えば認められることになっています。その場合には自分で費用を負担しなければならないのはもちろんですが、依頼する弁護人に関しても、よく知る必要があります。

コメントは受け付けていません。