早期の弁護活動が結論を左右する可能性のある場合

痴漢は行っていないと言う証明が難しく、加害者側の証言よりも被害者側の証言が優先される傾向にあります。
確かに、被害者の心理的な救済と言う点ウェディング01もあります。では、虚偽の被害届を出されて痴漢の冤罪で逮捕、拘束されそうになった場合は、どうすればよいのかとも疑問が浮かぶはずです。
そんな場合は速やかに弁護士、または弁護士事務所に連絡を取り、私選弁護人に弁護を依頼するべきです。
身に覚えがないことで痴漢と言われるのは非常に心苦しくあり、パニックに陥りがちな状態になりますが、何をすればいいのか指針を確かめる意味でも弁護人の力は大きくかかわってきます。
例えば、連行された際には何をすればいいのか、何をしゃべって、何を言っては駄目なのか、一般的な常識ではあまり知られてないノウハウがあります。また、自傷の場合でも被害者側とのコンタクトが非常に重要な部分を占めることが多いため、客観的、かつ早期に動ける弁護人がいるかで事態は大きく変わる事があるのです。
例えば、冤罪も早期であれば説得や逆に訴訟を起こす事で被害届の取り下げをはかれる可能性がありますが、国選弁護人がついてからの接触では時間がたちすぎて相手側も引っ込みがつかない所まで進んでしまっている可能性があるのです。
出来るだけ早期の弁護士への相談が、カギを握ると言えます。

コメントは受け付けていません。