逮捕の段階によって請求できない場合はどうする?

事件を起こしてしまった加害者は、警察によって勾留されることがありますが、事件の性質など内容を取り調べることが行われることになります。勾留前に関しては被害者側は原則として一切の請求を行うことができない仕組みを持っています。通常では取り調べから48時間以内に検察庁へと身柄が拘束されることになりますが、その後の判断によって加害者の身柄の拘束を必窓要としないことを判断された場合では、そのまま釈放されることも一般的になります。しかし、被害者サイドから申立てがあった際に、その内容が認められ、勾留請求があった場合では、10日間の延長とされているものになります。国選弁護人に関しては逮捕後に選任することも一般的になり、この点に関しては十分な資金を持っていない対象者や懲役が3年を超える内容を持っている事件についてのみ認可されていることも通常です。その後は裁判に発展することになり、被害者側でも弁護士を雇う方も存在しています。刑事訴訟の場合では、裁判官によって刑事訴訟法によって裁かれることになりますが、被害者側が金銭的な損失を請求するような場面では、民事訴訟を起こして請求額を算定する必要があり、全ては逮捕後に行うことが一般的になります。

コメントは受け付けていません。